結婚をすることにはどんなメリットがあるの?

協力しながら生活できる

結婚はメリット・デメリットを考えてするものではないと異口同音に言われますが、メリットをしっかりと考えることは無駄ではありません。メリットを理解することで結婚の必要性を認識したり、継続させることができるからです。
協力しながら生活できるというのは大きなメリットです。例えば一人暮らしの場合は、一人で掃除・自炊などをしなければいけません。家賃や光熱費も一人で支払うので、金銭的な負担が多くなってしまいます。しかし結婚すれば二人で家事を分担できるので、一人一人の負担が減るばかりかより効率的な暮らしが可能となります。家賃も二人で出し合って払うことができるので一人暮らしよりも財布に優しくなる可能性があります。

子どもを持つ喜びや老後の安心

結婚をすると、その夫婦の自由ではありますが子どもを設けることができます。子どもを設けて世代を繋いでいくことは生物としての重要な役割なので、それが果たせる喜びは大きいものです。子どもの存在は、仕事を頑張る活力になり、生きる気力にもなります。その愛らしさは唯一無二と言っても過言ではなく、子どもを持った者しか味わうことができません。
また、年老いた時に介抱してくれるというのも大きいです。自宅で面倒を見てくれる人がいるか否かでは大きな違いがあります。近年孤独死が大きな問題となっていますが、孤独死は何か身体に異変が起きても独身であるがために助ける人もすぐに発見する人もいないのです。看取ってくれるくれる人がいないというのは、悲しいです。