結婚相手はどうやって見つければいい?

出会いがないなら増やしてみよう

職場は既婚者や同性ばかりだから出会いがないとか、独身の異性はいるけれどあまり自分のタイプではないとか、身の回りに結婚相手の候補になる人が見つからなくて悩んでいる人は多いです。出会いがないなら、できるだけ多くの異性と出会うチャンスを作ってみましょう。週に1回、もしくは2週間に1回は新しい異性と出会うように、飲み会やパーティーに出席して、出会う数を増やすのです。
1度会っただけで「この人はダメ」と判断しないように気をつけてください。過去の経験で異性をジャッジして、相手を決めつけると恋愛チャンスを逃してしまいます。1個は良いところを見つけるようにする、3回はしっかり話してみる、というように機会を増やしてみましょう。

心理テストから相手を導く

心理テストから、結婚相手に求めるものが分かってきます。理想の結婚相手、理想の相手との関係性、自分が相手に与えたいもの、受け取りたいものを考えてみましょう。自分の恋愛傾向や、大切にしている価値観が分かってきます。
理想の結婚相手のイメージには、優しさとか自立とかのキーワードが出てくることでしょう。人との関係で大切にしている価値観を表します。理想の関係性には、実はこれまでの恋愛で手に入れられなかった関係を表していることがあります。心当たりはありませんか。相手に与えたいものに出てくるキーワードは、自分自身の価値を表します。数が多いほど、自立した心を持っていると言えます。相手から受け取りたいものが多い人は、依存傾向にあります。自分が受け取りたいものを相手にも与える気持ちを持ちましょう。